TOP > アトムリビンテック株式会社の記事

匠の技 - 科学反応 -

アトムリビンテック株式会社

http://www.atomlt.com/

アーバンスタイル

「金物屋」

この言葉を聞いて何をイメージするだろうか。
私は鍋や工具などを売っている街のお店を思い浮かべた。

しかし、金物にも実は色々種類がある。
「鍋・釜」、「利器・工具」、「建築金物」、「家具金物」。

その中でも、家具金物を含め、建物の居室内に存在する金物全般を取り扱っているのが「アトムリビンテック」。
取引企業は1,000社を超える、室内金物に関する国内トップメーカー。

ドアノブ、鍵、引き戸、取手。
私達が普段意識せずに使用している物や、目にすることのないインテリア内部の金物まで。
各インテリアメーカーが彼らの金物を商品に利用しているのだ。

今回は、このアトムリビンテックのアーバンスタイル事業部、峰島(みねしま)さんにお話を伺った。

峰島さん

生活を変える力。

インテリアについている金物。

インテリアが好きな方は多いだろう。
私も大好き。将来は古いマンションを購入してリフォームをして…。想像すると楽しくて仕方がない。

しかし、インテリア選びの際に、デザインは見るが、その中の一部である金属部品に目を向けたことがあるだろうか。

金物はあまり目に着くことの無い、只の金属部品。
ドアノブやクローゼット。

私達が生活するうえで、毎日必ず触れているもの。
もしかしたら、貴方の部屋の中で一番触れている物かもしれない。
もしかしたら、貴方の部屋の中で一番大切な部品かもしれない。
しかし、自分の家のドアノブがどのような形をしているか、パッと思い出せるだろうか。
身近だからこそ、逆に思い出すことが出来ない。

対象物として意識にすら入ってこない内装金物。
目立つ存在ではない。
だが、私達の生活スタイルを大きく変える力を持っているのだ。

ドアノブ

例えば、システムキッチン。
戦後、キッチンは台所空間の近代化を支える重要な要素として、大きく様変わりする。
日本人のライフスタイルを変える原動力となり、その中でも多様なキャビネットを組み合わせる
システムキッチンは、公団、公営住宅に採用され、時代の主力商品として広く普及することになるが、
大量生産に対応する開き扉用の蝶番(ちょうつがい)は、ヨーロッパ製のスライド丁番が主流だった。
そしてその「スライド丁番」を日本で最初に量産化したのがアトムリビンテックなのだ。

例えば、日本古来からある障子や襖。
好みの開き具合で止める事が出来る日本独自のスタイル。
少しだけ開けておいて、隣の部屋の声を聞いたり、様子を寝ている子供達を見ることが出来る。
洋式のドアは、開くか閉じるか。
途中で開けておいても、閉じてしまったり、隣の部屋は見えない。
このようなYESかNOかではなく、その時々によって形を変えるものがとても日本らしい。

そこで、日本の文化と洋式のドアを組み合わせた、スライドタイプの引き戸が出来た。
日本文化の粋な部分だけを切り取って、現代に使う。
これも金物によって実現した形だ。

金物には、新たなスタイルを生み出し、人々の生活を変えるクリエイティブな力があるのだ。

金物パーツ
引き戸
次のページへ

仕事のやりがいを知る「人生色々仕事色」トップへ